グループホームは「家」です。

そこで働く職員はお客様の家族です。

家族同士支えながら、共同生活を送っています。少人数でアットホームな雰囲気のなか、お客様の言葉に真剣に耳を傾けます。

お客様にとって、居心地が良い場所になることが私たちの願いです。

認知症になっても、住み慣れた地域で穏やかに暮らすのが一番の幸せ。

1ユニット9人の家庭的な環境で、認知症の方ができるだけ自立した生活を送ることができるよう、職員がサポートいたします。職員やほかのお客様と「なじみの関係」を作り上げ、居心地の良い空間で穏やかに暮らすことができます。

グループホーム新津/間取り例

全室個室で、プライバシーを尊重

ふれあいを楽しむ広々とした共用スペースをご用意

画像の説明を記入ください
1日の流れ

ここには決められた時間割はありません。体調の悪い方は部屋で休み、リビングでは、新聞を読んでいる方もいれば、編み物をしている方、ソファで昼寝をする方もいます。私たち職員が適度に見まもりながら、お客様のペースで、それぞれの生活を送っていただきます。

流れ
自分らしい人生を送るために家族だけではできないこと。

家族を施設に預けることに抵抗を感じることがあります。しかし、高齢者の方にも「子どもに迷惑をかけている」という気持ちがあるかもしれません。グループホームは認知症の高齢者が「自分らしい生活を送れるように」環境を整えた場所。お友達ができたり、生活意欲が増すことで認知症の進行を穏やかにします。

介助は最小限に「できること」は最大限に。

できる方には、洗濯や買い物、庭仕事や畑作業など、生活のなかでの役割を担っていただきます。趣味や仕事に夢中になれる環境は、お客様の能力を引き出し、認知症の進行を穏やかにします。また、積極的に外出したり、季節の行事も行います。

お客様の「自分らしさ」を暮らしの中に

編み物や工芸など、日々の生活の中でお客様が作られた作品は、ホーム内で展示したり、時には販売することも。畑でとれた野菜は、日々の食卓に上がり、お客様の大きなやりがいにもつながっています。

  • 介護保険知識

新潟県労政雇用課
【はあとふるあたご紹介動画】