スタッフ紹介
私の仕事内容について

私の働いているグループホームという施設では1フロア9名の2ユニット、計18名の利用者が入居されています。

グループホームでは認知症の方だけしか入居できません。他の入所施設と比べ、少人数で家庭的な環境の下、介護業務を行っています。家庭でしている事と同じように、買い物に行ったり、料理を作ったり、天気がいい日にはドライブに行ったりとします。家庭と同じように決まりきったことはなく、入居者のその時々の希望によって生活を支援する仕事です。

嬉しいと思ったこと

四季を通じて、その時々の事を入居者の方々と行うことによって、その人がいつもと違って生き生きとされている姿をみることができること。

コミュニケーションをとり、長く付き合っていくと、普段と違った本音や、思い出話を聞けること。

その人の本音や思いを叶えられるようにケアを行うと、普段とは違った一面や、その時の心情が聞けること。

大変だと思ったこと

認知症の為、その時の精神面、体調面により問題がでてくる。

認知症は一人一人、その人によって特有であるので、

どんな対応が正解という事がありません。その人はどんな人で

その時の精神面、体調面を考慮し、何が訴えたいのかを見抜き対応すること。

いかに1人の人間を知るかということが大変なのか気づきました。

学生へのアドバイス

私たちでも、普段生活をする上で人と関わることは誰しもがすると思います。

仕事をすれば、職場の人間。買い物をする時、外出する時に出会う人間。

普段生活を共にする家族。人と関わることは避けては通れません。

認知症の方も、同じ人間ですので本質は皆、一緒です。この仕事を通していく上で

大切なことは、一個人をよく知るということです。

ここで人との関わりを学び、私自身も普段の生活で気付かされる点がたくさん見つかりました。

  • 介護保険知識

新潟県労政雇用課
【はあとふるあたご紹介動画】