スタッフ紹介
私の仕事内容について

介護保険利用希望者に対して申請手続きから訪問調査・サービス開始、サービス利用に係るケアプランを作成し、要介護者様の在宅生活を支援するお仕事です。

また介護保険サービスを利用されている要介護者様のサービス提供がスムーズに行われ、安心して利用継続していけるように、月の予定管理・必要なサービスの紹介・相談も行っていきます。

嬉しいと思ったこと

担当になった利用者様が介護保険サービスを利用していくことで身体機能が回復したり、現状維持することで在宅生活継続・ご利用者様の表情に笑顔が出来ることで在宅での日常生活を楽しく目標を持って過ごせるようになられたり、家族の介護に対する意欲が引き出せたりすることが何より嬉しいと感じています。 ケアマネジャーとしてご利用者様やご家族様との関わりの中で、共に悩んだり、共に喜んだりできることがこの仕事のやりがいでもあると感じています。

大変だと思ったこと

利用者様の状態が急変することはありますが、やはり主介護者であるご家族の方が体調を崩され入院される場合などです。

大体のご家庭での主介護者様はお嫁さんであったり、奥さんだったりしますので緊急入院時などは食事の確保が一番の問題になります。

そういった状況に対して、いち早いケアマネジャーとしての判断と対応が求められるので、大変です。

学生へのアドバイス

ケアマネジャーとして介護保険を進めていく上で、担当する利用者様一人一人のニーズや在宅での状況をサービス事業者との間に立って常に連携をとりながら行う必要があるということを日々感じながらやらせて頂いております。

サービス事業者のほとんどがサービスを利用している利用者様のご様子しか見ることが出来ませんが、ケアマネジャーは自宅に訪問して利用者様の自宅での状況やご様子を見ることが出来ます。

これは非常に大切なことだと思います。

「介護」の“介”いう字には、人と人との間を介すという意味があります。その字の持つ意味の通りにこれからもご利用者様・ご家族様・介護保険サービス・介護関係者との間に立って、在宅生活の支援をしていきたいと思います。

ケアマネジャーという仕事を通して、人生の先輩でもあるご利用者様から日々学ばされることがたくさんあり、私個人にとっても、大事な人生経験をさせて頂いている様に思います。

  • 介護保険知識

新潟県労政雇用課
【はあとふるあたご紹介動画】